恋の奈落の滑り台

わたしを引き込む魔法のスロープ

また好きなひとが増えてしまった

きっかけは4月9日放送『まいど!ジャーニィ~』だった。その日はジャニーズWESTのコンサートの札幌公演があって、遠方から友達が泊まりにきていた。友達よりも少し早く目が覚めて、ひとりでまいジャニをリアルタイムで見た。この間まで黒髪短髪だったはずの男の子がいつのまにか茶髪ウェーブになっていて、ん???と思った。あれ???この子こんなかっこよかったっけな……??????

テーマは「男らしさ」。メンバー同士、胸キュンを競い合う企画があった。女装した同期にバックハグをキメて耳元で甘い言葉を囁く彼に、2度目の違和感を覚えた。えっうそこんなこともできるの…………?????っていうかなんか、あれ?????

とはいえ、なんといってもその日はジャニーズWESTが初めて札幌でコンサートを行う特別な日。わたしは完全にそっちのモード(?)に入っていたこともあり、その場はただの違和感で終わっていた。と思う。

なうぇすとわたし的オーラスも無事に幕を閉じ、2,3日余韻に浸っていたころ、「そういえばこの間のまいジャニがやばかった気がする」と唐突に思い出す。

再生ボタンを押したが最後だった。

 

 

そう、正門良規くんにやられてしまったのである。

もともとわたしは所謂「リアコ」なアイドルにめっぽう弱いちょろい女なんだけど(例:自担)、正門良規くんがそう言われているということはまったく知らなかったんですよ。だからこのまいジャニを見てひっくり返った。え〜〜〜〜〜〜いやいやいやいやこういうこともできちゃうの!?!?ボディタッチが自然すぎない!?!?肩に置いた腕!!!!抱き寄せた頭!!!!!こんなこと恥ずかしげもなくやっちゃうの!?!?と思いきや終わったあとの照れた顔めちゃめちゃめちゃかわいいじゃん!!!!!!!!!!!は!?!?え!?!?なに!?!?ただのギターが上手い普通の男の子だと思ってたんだけど!!!いやまてよよく考えたらギターが上手い普通の男の子ってめっちゃわたしの好きなタイプじゃん!!!!!!!どうしよ!!!!!!、え!?!?!?なにこれ!!!!!!!!!!!!(混乱)

今までほぼ気に留めていなかった彼のことが突然気になり出して、その日から明らかに「正門さん」という名前を多く出すようになった。もちろん以前から名前と顔は一致していたし、ギターを弾く子という認識もあった。あと血液型と星座も知ってた。射手座のAB型!?わたしとも濵ちゃんとも一緒じゃん!!!!!ってめっちゃテンション上がったから。そういうとこに運命感じちゃうちょれ〜オタク。

 

4日後には気づいちゃってる。

まいジャニの例のシーンを動画に撮って携帯に保存し事あるごとに再生してはひとりで勝手に頭を抱えるという生活を3日も続けていれば、さすがに自分でも気づくよね。あ〜これはやったな、完全にやっちゃったな、わたし正門さんのことめっちゃ好きだな。

気づいてからはめちゃくちゃしんどいけどめちゃくちゃ楽しくて。画像検索してはヒイヒイ言いながら保存したり、過去のin大阪やまいジャニを遡って「ここにもいたーーーー!!!!」って見つけたりする作業もそうだし、毎日いろんなことを知っていける。一見シャイっぽいのにめっちゃ投げチューするじゃん!とか、9つ上のお姉ちゃんがいることや猫を2匹飼っていること、お父さんがきっかけでギターを始めたこと、西畑くんとの仲の良さが異常なこと、そういう基本情報(?)もまったく知らなかったから、ちょっとしたことで「え〜〜!?」とか「そうなの!?!?」ってなるのが楽しすぎるんだな〜〜だってラキセのバックについてたことも知らなかったし!ごめん!そのとき正門さんのこと1ミリも意識してなかった!!!今思えばくっそ〜〜〜〜!!!だけど逆に当時気づいてなくてよかったかも!!!さすがにメンタルが死ぬ!!!!!!!

 

まいジャニの放送から1ヶ月ほど経ったある日、関西Jr.の夏の現場が決まった。『少年たち』、行きたい気持ちはあったけれど時期的に休みが取れなかったので諦めた。今年はV6やGACHIなど行きたい現場がすべて8月に集中していて、わたしの身体と8月が3つくらいあればいいのにと願ったけどそれは叶わず、涙を飲んで今年はライジング(夏フェス)を優先した。いやライジングめっちゃ楽しかったけど。全力で楽しんだけど。せめてもの思いを…と、少年たちに行く友人に手紙を託した。初めて書いた正門さんへの手紙。ちなみに手紙を書くのは苦手だ。好きです以外の語彙が死ぬ。逆に一生懸命想いを伝えようとするとなんだか説明っぽくなりだらだらと長くなる。このブログもそうだけど。ちょうどよい感じに収められる文章能力がほしい……話は逸れたけどとにかくどうにかこうにか便箋1枚分の文章を絞り出し、最後に「今回は行けないけれど、冬にまたコンサートがあれば絶対に行きます」と書いた。そう書いてから、あ〜、わたし冬は行くんだな、と思った。まわりには「いや〜〜〜〜どうかな〜〜〜〜〜〜行くかもしれないけどな〜〜〜〜」とか濁してたくせに、本人にめっちゃ宣言しちゃってるじゃん。これは行かなきゃだめなやつ、ってかめっちゃ行く気満々じゃん。ウケる。(ウケない)

 

それからも定期的に正門さんしんどいの波が起きていて、なんか気づいたら髪型変えてるし(初めてPONで見たとき二度見した超かっこいいむりすぎる)、まいジャニめっちゃ出るし(愛してる選手権でまた更に拗らせた)、スタ誕公開するし(映画館のスクリーンにでっかく映っているのを見るのはなんか照れた)、in大阪でめちゃめちゃおいしいギターソロ披露するし(墓が何個あっても足りなかった)、もうHPが0になりそうなフラフラ状態の中、とれ関の甘いおやすみにガツンと頭を殴られたのがトドメとなりその勢いで情報局の名義を正門さんの名前に変えた。 今がその時だ、と思った。タイミングがすべて。

 

結局その名義は活躍してくれなかったけれど、大変有り難いことに弟組、兄組両公演に入ることができた。同行のお声がけをしてくれたお二方には本当に心の底から感謝しています。ありがとうございます。

初めての松竹座にそわそわしてる間にその幕が開き、正門さんを初めて(正確には初めてではないけど)目にした瞬間は「ま、正門さんがマイクを持って歌ってる〜〜〜〜〜〜〜〜;;;」と見たまんまの感想しか出てこなかったのだけど、時間が経つごとになんというかその「正門さんがいま目の前でマイクを持って歌ってる」ということにじわじわと気持ちがいっぱいになってきて、どうしようもなく涙が出そうになった。っていうか出た。ちょろっと泣いた。松竹座でたくさんのファンの歓声を浴びながら歌って踊る正門さんは、めちゃくちゃにアイドルだった。「ただのギターの上手い普通の男の子」だと思っていた過去の自分をぶん殴りたい。関係各所の皆様本当に申し訳ありませんでした。豪快に、しなやかに、楽しそうに踊る正門さんも、年下たちとのMCで優しくフォローに回る正門さんも、汗だくになってギターをかき鳴らす正門さんも、どの瞬間もどんな姿も最高にかっこいいアイドル。なんかね〜〜〜〜ほんと、知らない世界の扉を開いてしまった感じがしたんだな〜〜〜〜〜〜松竹座という場所に広がる煌めく世界。

特に強く思ったことは先日noteに書いたのでここにリンクを貼っておきます。

※noteの埋め込みができなかったのでツイッター経由ですみません。

 

正直クリパに行く前までは「この目で一度だけ正門さんを見られれば満足して落ち着くかな〜」とちょっっっっとだけ思ってた。そんなわけねーーーーーのに!!!!!実際そんなわけなかったし。落ち着くどころか加速する一方だわ。めちゃくちゃ好きになってるわ!!!!大阪遠征1日目、一緒に行っていた友達に「春松竹あったら行く??」って聞かれて「え〜〜〜〜????春??????春か〜〜〜〜〜〜春ね〜〜〜〜〜〜〜〜」とかまだ迷っていたわたし、4日目に松竹前で会った大阪在住の友達との別れ際、「じゃあ次は春ね!!!!!!!」って声高らかに挨拶してた。行くじゃん。大体わたしが「どうかな〜〜〜〜」とか言ってるやつはほぼ99.9%行く気だからね。だんだん自分のことわかってきた。

そんなわけで2018年は正門さんのファンとしても楽しくオタクしていきたい次第です。年が開ける前に書き残しておきたかったから滑り込みセーフ!長々と書きましたが読んでいただいてありがとうございました!!!!!!

 

 

 

 

最後に、わたしが正門さんについて初めてツイートしたのってなんだったんだろう?と検索して出てきたのがこれ。

くそわろてる場合ではない>2年前のわたしへ