読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋の奈落の滑り台

わたしを引き込む魔法のスロープ

2016年が終わる

雑記

毎年言ってるけど、年末感がまったくない。えっもう終わっちゃうの?てかきょう紅白?カウコン??まじで?????クリスマスのドームコンサートが良すぎて気分はまだクリスマスって感じ。でも容赦なく2017年はやってくるわけなので、とりあえずざっくりと今年一年を現場中心に振り返りたいと思います。

 

 

▼1月

1月1日の池上彰特番に濵ちゃんがピンで出演。しかも角刈り明け(?)なのにビジュアルがすこぶるよかった!!!!元日から自担の顔を拝める幸せに浸る、という最高の2016年の幕開け。

 

・ラッキィィィィィィィ7 名古屋公演

わたし的ラキセ初日、そしてコンサート始めは名古屋でした。初めてのアリーナ席、トロッコが近すぎて膝が笑い何かにつかまらないと立っていられないという経験も初めてでした。今思うと、あれが「腰を抜かす」ということだったのかな???空いた時間には伊勢神宮にも連れて行ってもらってちょっと遅めの初詣したりコロッケ食べ歩きしたり伊勢うどん食べたり。楽しかったなー!

 

▼2月

ツイログ見てたらやたら妄想ツイートが多かった2月。現場のない期間を妄想で埋めようとしていたのか。特に濵ちゃん先輩のバレンタイン妄想は我ながら出来がよかったのでどこかの機会でまた載せたい。

 

 

▼3月

自担の初主演舞台が決まり意気揚々と申し込むも緑の封筒が届き、一般発売でもことごとく惨敗した3月。チケットが取れなくて泣くなんて子どもかよって感じだったけどほんとに行けないかと思ったし、それを察して声をかけてくれた方々の優しさにまた泣いた……

 

・ラッキィィィィィィィ7大阪公演

2ヶ月ぶりのラキセ!濵ちゃんの前髪が降りててガッツポーズしました。おかえり前髪!待ってたぜ前髪!上手、バクステ側、下手、といろんな角度から観られてよかったなあ。きみメロのリフター、1回だけでも濵ちゃんほぼゼロズレで入れてよかったーーー!濵ちゃん風邪気味だったけどーーーー!!大阪ラストの公演は本当に楽しいと楽しいのぶつけ合いみたいな感じでめっちゃくちゃ盛り上がった!濵ちゃんはこのとき絶賛稽古中だったんだなあと思うとまたいろいろあとから感じるものがある。一本締め前の「あしたからみんなにいいことばかりが起きますように」という言葉はベストオブ濵田's名言賞にノミネートされる勢いでわたしの心にグサッと刺さりました。大好きだなあ……

 

 

▼4月、5月

現場の春!2週間に3回東京遠征(そのうち1回は日帰り)をキメたのは我ながら無茶だったけど楽しかった4月〜5月。現場以外にはTLをざわつかせている「キングオブプリズム応援上映」に興味本位で参加した。もう一回くらい行きたかったなあ〜あれはすごい経験だった。何をするにも #○○応援上映 のタグをつけてテレビに向かって叫んでいたTLがめちゃくちゃ楽しかった4月でした。セカムズ応援上映がいちばん熱かった。

 

・滝沢歌舞伎2016

幕が開いて3日目で健くんが怪我をした。悔しくて、悲しくて、自分が凹んだところで何も変わらないし、健くんはとっくに前を向いているってわかっているのに、それでもやっぱり悔しくて泣いた。自分が観劇したときの健くんは怪我をしているとは到底思えないような動きをしていて、もしかして治ってきてるのかな……?と思うほどだったけれど、カーテンコールで脚を引きずって出てきた健くんを目にした瞬間いろいろな思いが爆発して涙腺がぶち壊れた。「三宅健」をまざまざと見せつけられた滝沢歌舞伎でした。あなたには一生かないません。ちなみにあべくんを初めて見たのもこの滝沢歌舞伎。ちょっとかっこよすぎて意味がわからなかったです。

 

・市場三郎〜温泉宿の恋

一生に一度しかない自担の「初座長公演」。座長公演は今後もたくさんあるかもしれない(あってほしい)けれど、“初”座長公演は一度しかない。そんな公演を観ることができて本当に幸せでした。厳しい稽古を乗り越えて、最高のカンパニーに囲まれて、グローブ座の真ん中にニコニコ幸せそうに立っている濵ちゃんは誰よりも輝いてたよ!!!同行させてくださった方、チケットを譲ってくださった方、本当にありがとうございました。

 

 

▼6月

濵ちゃんにドラマのお仕事が決まった6月。主演舞台が終わり、まだ少しの余韻が残る中での突然のお知らせ。ほんとにほんとに嬉しかった!頑張りが目に見えて報われることがこんなに喜ばしいことなんだって実感しました。

 

 

▼7月、8月

健くんの37回目の誕生日、のぞむの20回目の誕生日を迎えた7月を終え、安定して夏の現場がない我が軍でしたが、今年は毎年行っていた夏フェスにも行かず東京遠征に繰り出しました。

 

・ビニールの城

演出家蜷川幸雄さんの訃報は本当に驚きましたが、追悼公演として上演された作品。一度は「森田剛の舞台」を観てみたいと思っていたので、それが叶って嬉しかった!舞台の上に立つ森田剛、凄かった。(安定の語彙のなさ) いやでもほんと、言葉をなくすほどの演技というか。圧巻。まず台詞量がとんでもないし掛け合いのテンポや世界観、すべてにおいて「すごいものを見にきてしまった」という感じでした。

 

・サマステ ジャニーズキング(高橋海人、SnowMan、Love-tune公演)
初めてのJr.現場楽しかった〜!あっちこっちにキャーキャー言いながら手を振って、水鉄砲で水をかけられて、あべくんの優しさに心打たれて、、、オールスタンディングはちょっと辛いけどね!

 

 

▼9月

9月はなんだか毎日Jr.に沸いてた気がする。濵ちゃんへの気持ちが離れたとかではなくて、ちょっと違う世界で生きてた感じ。出た、パラレルワールド。もちろんノンママ白書は毎週欠かさず見て小中荘太くんに沸いてたよ!小中くん元気かな〜!?まだ育休中かな〜!?

 

・少年たち 危機一髪!

サマステの勢いで行くことを決めた少年たち。生で見るあべくんはやっぱりかっこよくて笑顔がキラキラしてて眩しかった……そして生で見てないのになぜかふぉ〜ゆ〜の福田さんに落ちたという奇跡が起きた日。まじでしばらく拗らせた。いきなり福田さんの写真がほしくなって帰札する日にジャニショに駆け込んだ(けど売ってなかった)こともいい思い出。

 

 

▼10月、11月

10月クールのドラマが面白かった!!!逃げ恥、校閲、そしてなんといってもレンタル救世主!葵くんが活躍するたびに、「このかっこいい男の子はジャニーズWEST藤井流星くんですよーーーーーー!!!!!!!!みなさんよろしくお願いしますーーーーーー!!!!!!!!」って世間に叫びたい気分でいっぱいでした。レンタル救世主 THE MOVIEやらないかな〜〜〜!?相変わらずわりと福田さん拗らせていた秋でしたが、11月の例の件であっけなく失恋。12月の自担現場に向けてこっちの世界に戻ってきたのでした。あっ全然まだ大好きですけどね!そして11月といえば「溺れるナイフ」の公開。我が軍のセンター重岡大毅演じる大友勝利がほんっっっっっとによかった。いやまじで、よかった…………(余韻) 

 

 

▼12月

11月末に発売されたラキセコンBlu-rayを見てから、ぐんぐんとWEST熱が急上昇した12月。あ、やっぱり好きだわ、わたしこのひとのことめちゃくちゃ好きだわ。って再確認。そして迎えたドームコンサートでその思いがさらに爆発するのでした。

 

・♡24から感謝届けます♡

ここで感じた思いは先日の記事で一部書いたとおり。もう本当に、本当〜〜〜〜に、いいコンサートだった。それに尽きる。好きになってよかった!!!!!!ありがとう!!!!!!!!!!!

 

 

 

後半の駆け足感は否めないけれど、ざっとこんな感じの2016年でした。(ゆるい) こう振り返ってみると、今年もたくさん初めての経験ができたな〜。健くんが出演することがなければ滝沢歌舞伎には行かずに終わっていただろうし、濵ちゃんの舞台、剛つんの舞台は「死ぬまでに一度観たい」と思っていたから早々に叶って本当に嬉しかった。サマステ、少年たちにも自分が行くなんて思ってなかったなあ。他にも書ききれない「初めて」がたくさんあって、2016年も本当〜〜〜〜〜に楽しかった!!

今年は「書くフットワークを軽くする」ことを目標にしていたけど結局あんまり書けなかったなあ。濵ちゃんの誕生日ブログも書いてない(笑)来年も「恋の奈落の滑り台〜わたしを引き込む魔法のスロープ〜」直訳するとただの「なで肩」というこのブログ、どうぞよろしくお願いします!

 

やばい!紅白始まる!!

みなさん、よいお年を!!