読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋の奈落の滑り台

わたしを引き込む魔法のスロープ

一周まわってアイドル。

V6 Kis-My-Ft2

こんばんわ。

ツイッターだけでは事足りず、

 

ついにブログに手を出してしまいました。

 

三日坊主になったらごめんなさい(すでに保険をかける)

 

さて、ブログ名にもなっている、「一周まわってアイドル」。

一周?まわって?アイドル????意味不明、我ながらセンスねえな。

まずはこのブログ名に至った理由を、自分の中でも整理しながら話したい。

 

はじめに言っておきますが、長いです。

 

しょっぱなからぶっとばしすぎてあとで体力なくなる性格。

 

 

わたしが生まれてはじめて好きになった芸能人、それはまさにジャニーズのアイドルでした。おそらく当時小学校2年生。たぶんそのくらい。はっきりとは覚えていない。覚えているのは、4つ上の姉がV6の岡田くんの大ファンだったこと。

そして、その姉との短い会話。

 

 

\ちぇるはV6の中だったらだれがすき?????/

 

 

「みやけけんくん」

 

 

この場面だけものすごい覚えてる。

なんでけんくんって言ったのか、理由は覚えてない。今思えば、たぶんけんくんそこまで好きじゃないけどとりあえず言っとくかみたいなノリで言ったような気もするし、なんなら当時剛健の区別もあんまりついてなかった気がする。うっすらとした記憶の中ではごうくんと間違ってけんくんって言ったような気もする。とにかくほんと適当だったと思う。(けんくんもごうくんもおねえちゃんもごめん)

 

その瞬間からわたしはみやけけんくんファンになった。おねえちゃんからMyojoの切り抜きをたくさんもらったし、好きな芸能人を聞かれると必ず「V6のみやけけんくん」と答えるようになった。好きだと言い始めると、ほんとうに好きになっちゃうから不思議だ。

 

そこから時は流れ、小学6年生のとき、わたしはけんくんを超えるほど大好きなひとに出会ってしまった。(某アカペラグループRFのメンバー)

わたしの中の一番が変わったのだ。

(彼らは人生で一番好きになったアーティストであり、 離れてしまった今でもひっそりと動向は追っている)

 

中学生になると、青春パンクが流行ったのもあり、バンドサウンドにも目覚め、高校時代は朝から晩まで部活に明け暮れた。(RFヲタは続けてた)

 

「ジャニーズとかEX○LEとかダサくね????」期到来。

 

(ごめんなさいE○ILE好きさんごめんなさい)

嵐だけは好きでした。結局ミーハー。

 

 

そして専門学校に入学(唐突)。

音楽放送系の専門学校だったのもあり、まわりは音楽好きだらけ。それはもう刺激を受けた。わたしもどんどんロックの良さにのめりこんで、月に1回は必ずライブに行ってた。

同じクラスにはジャニヲタの女の子たちが数人いた。

コンサートが近くなると休み時間に団扇を作ったり、まるくなってドル誌を眺めながらきゃっきゃしているその子たちはものすごく楽しそうだった。

小学生時代をジャニーズとともに過ごしたわたしは(表現が大げさ)、その女の子たちともよく話があった。ふらっとその輪に入り、「へー!あの子退所しちゃったんだー!」「この子可愛いね!グループ所属してないの??」とかいう話をするのがものすごく楽しかった。

 

 

わたし生まれ変わったらジャニヲタになるんだろうなあ。

 

なんか漠然とそう思ってた。

「なりたいなあ」じゃなくて「なるんだろうなあ」って思ってた。

 

数年前のわたしに言いたい。

 

 

来世まで待たずともあなたジャニヲタになりますよ。

 

 

 まあ、当時のわたしは知る由もない、、、、

 

専門学校を卒業し、社会人になって数年目…

わたしはとあるテレビ番組を目にすることになります。

 

それが『キスマイBUSAIKU!?』でした。

 

 

わたしは、じわじわと、本当にじわじわ~っと、横尾渉に落ちた。

(ここんとこ説明しだすと夜が明けるのでそれはまた今度…)

 

 

そして、三宅健に再び落ちた。

 

人生で初めて好きになった人に再び落ちたのだ。

(これも今すぐ話したいけどまた今度…)

 

わたしが事務所の犬になるまでにはそう時間はかからなかった。あのグループも、このグループも、すべてに魅力がある。みんなかっこいい。みんな可愛い。なにこれ。全員好き。もっと知りたい。検索する手が止められない。

 

大人になってから見るアイドルは、小学生のときに見ていたそれとはまた違った。

いろんな葛藤や苦労を乗り越えてそれでもキラキラ笑顔で夢を売るアイドル。

 

アイドルって素晴らしい職業じゃないか!!!!!

 

 

アイドルが大好きだった小学生のわたし、

アイドルなんてダサいと感じていた中高生のわたし、

そしてまたアイドルが好きになった、昔以上に大好きになった現在のわたし、

 

一周まわってアイドル。

 

 

三宅健くんに再び落ちるくだりが一番大事だったんじゃないの??????という意見は受け付けない。